komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や旬の情報をkomidoriがリサーチしてお届けする、お役立ち情報サイトです。コメント大歓迎~♪

骨密度の精密検査は何科で受ければいいの?

      2016/11/24

健康診断で骨密度を測ったら、再検査が必要なんてご指摘が・・・・

ん~、思ってもいなかったし、どうしよう~。

もしかして、骨粗しょう症とかだったら、治療もその病院でってことになるんでしょうか?

%e6%a4%9c%e6%9f%bb

そう、再検査って、やはり『骨粗しょう症』が心配・・・その後の治療のことなども気になってきますよね。

そのためにも、病院や何科へ行けばいいかも考えておきたいところです。

今回は、骨密度の精密検査について、骨粗しょう症まで含めて考えてみました。

スポンサーリンク

骨密度の精密検査、まずはDXA法を受けよう!

集団検診で行われる骨密度の検査は、かかとやすねの骨に超音波をあてて測定する超音波法(QUS法)や、人差し指の付け根の骨をレントゲン撮影して骨の影の濃さで骨量の測定を行うMD方法が多いですね。
超音波によるかかとの測定は、誤差が大きい傾向や、レントゲンによる手の骨量測定はやや感度が低いという特徴があり、この2つの検査は、骨粗鬆症の疑いがあるかをみるために行われる簡易タイプの検査なんです。
骨密度測定の検査方法について、詳しくはこちらの記事を見てみて下さいね。
 ⇒骨密度検査の方法は?料金はどのくらいかかるの?

今現在、骨密度測定の標準方法として行われているのは、DAX(デキサ)法です

2016y11m17d_124459011

検査自体は、とても簡単。

骨折しやすい腰椎(腰の骨)と大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ:股関節の骨)にエネルギーの低い2種類のX線をあてて測定します。より正確な診断をすることができ、骨量測定の標準方法として広く用いられています。

ですから、できるだけ正確に骨密度を知りたい場合は、DXA法での検査を受けるようにしましょう。

komidoriが、DXA法を受けた結果については、こちらの記事で~

DXA法をどこで受けるか

さて、検診後の指導で、整形外科・内科・婦人科などで再検査を受けるようにって指示されることがあるんですよね。

整形外科・内科・婦人科などって・・・
どこでもいいんですか?
なんか選び方とかあるんでしょうか?
そうですね、骨の健康、骨粗しょう症については、体のいろいろなことが絡んでいるので、持病や何か気になる症状などがあればそれに合わせて、受診する科を選ぶことも大事です。

特に自覚症状がない場合

特に自覚症状もなく、持病もなければまずは、整形外科へ

骨に関することはまずは、整形外科ですね。
DXA法の測定器がある病院で再検査を受けましょう。

あまり小さな病院だと、この機械自体がない場合もあるので心配な場合は、DXA法の測定ができるかどうか、HPや電話などで確かめておきましょう。

komidoriもどこの病院へ行くか迷ったんですが、まずはHPを見て、それから電話してから決めました。
予約も取れたらと思ったんですが、そこは受け付け順ってことでした。
電話で確かめると、病院の様子も何となく分かって安心です!

腰痛など痛みを感じたりしている場合

この場合も、整形外科へ

筋力の低下や、背骨や腰骨などの骨量が減ることから、骨の変形などから痛みが起こっている場合もあります。

その場合は、骨密度の測定だけでなく、MRIで背骨や腰骨を撮影して骨や骨髄の様子を確認することになります。

komidoriも、気になる腰痛があり、それを先生に話すとMRIを取ることになりました。

その時の写真がこちら。
img030

komidoriの場合は、思ったよりひどくなくて、取り合えず腰骨を支えるための筋トレをしてくださいってことで、簡単にできる運動のやり方を習ったのでした。


やっぱりね、骨や筋肉のことについては、整形外科が専門的です~。

高血圧・高脂血症・糖尿病・腎臓病・リウマチなど症状や持病がある場合

このような病気でかかりつけの病院があるなら、そちらの方でまず相談です。

血圧が高いとか高脂血症や尿たんぱくなど血液検査や尿検査でも心配がある場合は、内科でまずは、血圧や血糖値、尿たんぱくなど内科的な症状も見てもらい、その上で骨密度も検査を!

病院によっては、提携の整形外科を紹介してくださることもありますし、総合病院でしたら、DXA法の検査に回していただけます。

また、糖尿病や腎臓病などから、骨質が低下し、骨がもろくなっていることも考えられます。

糖尿病や腎臓病などでは骨密度はある程度高くても、つなぎの役目を果たすコラーゲンの低下によって骨折しやすくなっているようなこともあるのです。
このような全身的な状態から骨密度を見ていく必要もあるんですね。

生理不順や更年期障害など女性特有の症状がある場合

女性ホルモンに関わる症状がある場合は、婦人科へ。

特に更年期、閉経後の女性ホルモンの減少が、骨密度にも大きく影響するんですよね。

ホルモンバランスに不安がある場合は、婦人科で相談することも。

そこから、骨密度の再検査に入り、ホルモン補充療法などで、骨粗しょう症予防をしていくということも考えられます。
141618

より専門的な治療や相談がしたい場合は

骨粗鬆症専門外来として、診察を行っている病院もあります。

骨密度だけでなく、骨代謝(骨形成と骨破壊のバランス)の回転スピードを測定する検査、『骨代謝マーカー』なども見てくれます。

より専門的に検査治療などをしたい場合は、このように骨粗鬆症専門外来などで検査を受けると安心ですね。

ネットで『骨粗鬆症専門外来』と検索するといろいろな病院が出てきますので、地域で調べてみるといいでしょう。

まとめ

健康診断などでいきなり再検査とか、要精検とか言われるとドキドキしますよね。

超音波式(QUS法)などでは誤差がある場合もありますし、測定部位によっても骨密度が違っている場合も・・・

やっぱりできるだけ正確に測っておくと安心です。

komidori父母は二人とも骨粗鬆症で脊柱管狭窄症で苦労してます。骨ってホントに大事です。

骨量は20歳をピークに後は減っていくんですよね。特に女性の場合、閉経後の減少率が大きい!1年ごととか定期的に検査して経過を見ていくことも大切ですね。

それと、普段の生活でも骨量を減らさないように気をつけていきたい~。


きちんと検査!

そこからは骨密度キープのために、できることやっていきましょう~

スポンサーリンク

 - 骨の健康

  関連記事

骨密度を増やす食事!!どんなものを食べるといいの?!

私達の体の骨って、骨吸収と骨形成を繰り返し、毎日どんどん作り替えられています。 …

骨密度が低下する原因は何?気をつけたい7つの要因とは!!

骨密度が低下すると⇒骨折リスクが高くなる・・・と、骨粗鬆症!! (||゚Д゚)怖 …

骨粗鬆症の予防にこの食べ物!小豆の煮汁を飲もう!

健康診断で、今まで見たことない結果が出始めて、色々健康のことが気になるkomid …

骨密度の検査結果!数値の見方は?

しばらく受けていなかった骨密度検査・・・今日思い切って、受けてきました~! 骨密 …

インナーマッスルの鍛え方、簡単にできるドローインが効く!

先日、骨密度が気になって検査にいった時、レントゲンもとったんですが、その写真を見 …

骨密度を上げる方法!komidoriが毎日やっている8つのこと! 

50も過ぎ還暦も近くなってきて、とにかく気になるのが骨密度。 komidoriの …

骨粗鬆症を予防する運動!簡単過ぎてビックリな方法とは!

骨粗鬆症が気になるお年頃、komidoriです。こんにちは~! 50歳を超えると …

骨密度検査の方法は?料金はどのくらいかかるの?

近頃、骨密度が気になってしょうがないkomidoriです。こんにちは。 先日足を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です