komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriがリサーチしてお届けします。人生はこれからだ~!!

インフルエンザと風邪の症状の違い!どう見分ける?

      2016/08/10


何だか寒気がする・・・喉も痛いな~、風邪かな?
・・・・・・それとも、もしかして・・・インフルエンザ?!

と悩みながらも、この仕事は休めな~いと頑張った挙句、職場にも家庭にもインフルエンザウイルスをまき散らしてしまったkomidoriです。m(_ _)mスイマセン、こんにちは!


ホントあの時は申し訳ありませんでした~っと、猛反省したのですが、風邪とインフルエンザってちょっと見分けにくい感じがしませんか?

この二つを見分ける症状は?… 何か違いはあるんでしょうか?
実は、似てるようでも違ってるんですよ~

(´・д・)ヤダ ちゃんと知ってたら、まわり巻きこまなかったのに~

ということで、
知っておくとためになる!『インフルエンザと風邪の症状の違い』いってみましょう!!

スポンサーリンク

ここが違う!インフルエンザと風邪

のどの痛みや発熱など、インフルエンザと風邪は似ている症状がありますが、その症状の出方や度合いなどに違いがあります。
その違いを比べていきましょう!
インフルエンザ 症状 風 邪
 全身倦怠感、食欲不振、関節痛、

筋肉痛、頭痛など

「全身症状」が強く現れる。

主な症状 くしゃみやのどの痛み、

鼻水・鼻づまりなど

鼻から喉にかけての症状が主。

急 激

発熱、関節痛などの全身症状から

咳・喉の痛み、鼻水など

呼吸器症状へ

症状の進み方 比較的ゆるやか

のどや鼻の不快感などの症状から

くしゃみや鼻水、のどの痛み、

発熱へ

38℃以上の高熱

3日ほど続く

熱のようす ほとんどの場合37℃から38℃くらいまで

比べてみると症状や熱の出方、症状の進み方が違ってるんですね~

そうなんです!
その違いは原因となる病原菌の違いなんですよ。

インフルエンザと風邪:病原は?

インフルエンザも風邪も『風邪症候群』とされているのですがそれぞれ病原が違っているんです。

 インフルエンザウイルス 

wikipediaより

 
インフルエンザウイルスは直径約80~120ナノメートル(1ナノメートルは1ミリメートルの100万分の1)で、ウイルス表面からたんぱく質が突き出したとげのあるイガグリのような形をしています。
この写真はA型インフルエンザウイルスですが、内部タンパク質の形によってA型、B型、C型に分けられ、A型はさらにHAとNAの形によって亜型に分けられます。

そのとげの部分が喉の上皮細胞にくっついてその細胞を乗っ取り増殖を始めます。
その増殖力がとても強力で1個のウイルスが1日に10,000個にも増殖してしまうのです。

だから、急激に高熱が出たり、全身症状が出るんですね。

 風邪のウイルスはいろいろ 

風邪は、かぜ症候群のなかで鼻から喉にかけての上気道感染症としてみなされており、急性の鼻炎症状や、咽頭炎などを主な症状としています。

そのような症状を起こすウイルスは一つではありません。
代表的なものをいくつか紹介しましょう。

ライノウイルス

Robin S in wikipedia
ライノウイルスの場合、多量の水様の鼻水が特徴、全身症状は軽く、熱が出ても37℃台であることが多いようです。

アデノウイルス


風邪の中では比較的重く、多様な症状を示すのがアデノウイルスです。高い熱が4日も5日も長く続いたり「プール熱」(咽頭結膜熱)や急性下痢など目や胃腸にも症状を出すことがあります。

コロナウイルス


風邪全体の15%がコロナウィルスによると推定されています。免疫が持続する期間が数年と短いので再感染を繰り返します。
主に成人の鼻かぜ(普通感冒)の病原となるウィルスですが時折、小児喘息、成人の慢性気管支炎の原因となることがあります。

他にも、RSウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど、風邪の症状を起こすウイルスは数限り無いと言って良いほど多くの種類があるんですよ。

インフルエンザと風邪:手当の仕方はちがう?

実は、インフルエンザも、風邪も基本的な手当ては同じです。
インフルエンザ・風邪にかかった時の手当て
  • 安静にし、ゆっくり休む。
  • 部屋を温かくして湿度を保つ。
  • こまめに水分補給をする。
    高熱や下痢、嘔吐の症状がある場合は脱水状態に気をつけます。水分だけではなく、体内の水分バランス維持に欠かせないNa(ナトリウム)やK(カリウム)などの電解質も多く失われるので、経口補水液を摂りましょう。
  • 食べられるときは消化の良いものを食べる。
    ヨーグルトやゼリーなどは喉越しの良いので熱があるときも食べやすいですね。お粥や雑炊、煮込みうどんなど温かくて消化の良いもの、免疫力を高めるビタミンやミネラルなどが摂れる野菜スープもオススメです。

インフルエンザの場合、症状が出てからから2日(48時間)以内であれば「抗インフルエンザウイルス薬」でウイルスの増殖を抑え、発熱期間が1~2日短縮することができます。
感染力の強いインフルエンザは熱が下がってからもウイルスを排泄されていますから解熱後2日は職場や学校へ行くのは控えましょう。

まとめ

インフルエンザと風邪、両方とも『風邪症候群』といわれる病気なのですが、インフルエンザは感染力が強く、症状が激しいのが特徴です。
1~3日潜伏期間がありその後急激に高熱が出たり関節が痛くなったりと全身症状が起こります。

一方、風邪は喉の痛みや鼻の炎症から起こることが多くインフルエンザほど激烈な症状にはなりにくいですね。

けれど、どちらも体力や抵抗力が落ちていたり、無理をしてこじらせたりすると重篤な状態を招くことがありますから注意が必要です。

心配な場合は、病院で診察を受けましょう。

罹らないように予防するのことが大事ですが、罹ってしまったら、安静第一!
ゆっくり休んで体を回復させましょう~

風邪やインフルエンザの予防についてはこちらの記事をどうぞ。
 ⇒風邪・インフルエンザの予防!あたりまえだけれど大切な7つのこと
 ⇒インフルエンザは湿度と室温のセットで防ぐ!最適な湿度と室温は?

スポンサーリンク

 - 風邪・インフルエンザ

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

  関連記事

風邪をひきやすい人の体質改善!免疫力アップの8つの食品!!

寒さと乾燥が厳しいこの頃、風邪をひきやすい季節になってきましたね。 でも、できれ …

風邪の喉の痛みを早く治すには?マヌカハニーを使おう!

ツバを飲み込んでも痛い~!! 喉が痛いってホントにつらいですよね。 風邪の季節、 …

風邪で長引く咳の原因!注意が必要な病気は?

会社で受けた検診結果・・・ 胸部X線の欄に『治癒型:日常生活には差し支えありませ …

インフルエンザB型とA型の違い!その症状と特徴は?

やっとインフルエンザが治ったと思ったら・・・ またまた、インフルエンザに~!! …

風邪のひきはじめの治し方!徹底防備で早期回復を目指そう!!

あれ?なんか・・・背中がぞくぞくする。 あ~・・・鼻水も出てきた! ちょっと、喉 …

風邪・インフルエンザの予防!あたりまえだけれど大切な7つのこと

いよいよ寒さも本格的になってきましたね~、風邪やインフルエンザが心配な季節です。 …

インフルエンザにかかったらどうする?病院に行かないkomidoriの場合

うへぇ~・・・久しぶりにかかってしまいましたぁ、『インフルエンザ』 気をつけてた …

風邪の時のお風呂の入り方は?気をつけることをチェック!

いや~、喉が痛~い・・・ 鼻水も出るし、何だか熱っぽい感じ・・・ そんな、風邪ひ …

インフルエンザは湿度と室温のセットで防ぐ!最適な湿度と室温は?

朝起きたとき、喉がカラカラになっていませんか? これは部屋が乾燥しすぎている証拠 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です