komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriがリサーチしてお届けします。人生はこれからだ~!!

夏バテの原因は4つ!対策を進めるために知っておくべきこと

      2016/07/02

毎日暑くなってきましたね~。

暑い日が続くと、何となく体がだるかったり、疲れが残るな~ってことありませんか?

girl-1064658_640

病院へ行くほどでもないんだけど・・・しんどい。

こんな症状に思い当りませんか?

・体がだるい ・熱っぽい  ・食欲不振
・全身の疲労感 ・イライラする ・むくみ
・やる気が出ず無気力になる  ・立ちくらみ 
・下痢、便秘  

そのしんどさやだるさ・・・ズバリ、夏バテですね。

暑さによって起こる、様々な体調不良を『夏バテ』というのですが、夏バテから病気を引き起こしてしまうことも・・・

夏バテの原因が分かれば、予防することもできますよね。

ということで、
夏バテの原因をきっちりつかんで、夏バテ対策をしていきましょう~

夏バテの原因は4つ!!

日本の夏は高温多湿!
それによって、身体的なことだけでなく、精神的な症状も現れることがあります。
スポンサーリンク

夏バテの原因1 発汗による脱水状態

気温が上昇してくるこの季節、体温も上がってきますね。

私達の身体は体温を下げようとして汗をかくのですが、汗は体内の水分と一緒にミネラル分も体外へ排出してしまうんです。

発汗によって身体に必要な水分とミネラル分が大量に失われてしまい脱水症状が起こってしまいます。

脱水状態が起こってくると・・・

脱水状態では、体液といわれる、血液やリンパ液・唾液・粘液・消化液・唾液・尿などの濃度や粘度が高くなったり、量が減ってしまいます。
脱水状態では次のようなことが起こってきます。
  • 酸素や栄養素がうまく体内に行き渡らない。
  • 老廃物を排出することができなくなる。
  • 体温をうまく調整できなくなる。
  • だから、疲労感やだるさなど、体調がよくない状態になるんですね~!

    水分やミネラルの不足から、身体全体の機能が低下してしまうのです。

    ひどくなると、命に関わる熱中症に!!

    適切な水分補給をしていくことが大切です。

    夏バテの原因2 食欲の低下からの栄養不足

    暑くなってくると、あっさりしたものや冷たいものを食べたり、飲んだりしたくなりますね。

    また、あまりの暑さや不快感から、食欲そのものが低下ぎみ・・・胃の消化機能が下がっているんです。

    消化機能が低下してくると、栄養の吸収が悪くなり、さらに食欲不振を起こしてしまいます。
    その結果、ビタミン、ミネラル、たんぱく質など、必要な栄養素が不足し、夏バテの症状が出やすくなるのです。

    暑いと冷たい飲み物を飲む機会が増えますが、冷たい飲み物を摂りすぎると、胃の働きが低下して、さらに食欲がなくなってしまいます。

    暑いと食欲が落ちる⇒冷たいものやあっさりしたものばかり食べる⇒胃の働きが落ちる⇒さらに食欲が落ちて・・・
    栄養不足のスパイラル状態が起きやすいんですね!

    暑い夏、消耗しやすいからこそ、栄養のあるものを摂りたいんです。

    消化がよく栄養のあるものや喉越しの良いものなど、暑くても食欲が落ちないように、食材や、調理の仕方などをひと工夫したいですね。

    スポンサーリンク

    夏バテの原因3 室内と室外の温度差による自律神経の乱れ

    涼しい室内から外へ出るとあぶられるような暑さ・・・室内へ戻ると今度は冷え!

    エアコンの普及で、室内と室外の温度差が大きいこと、これも夏バテの原因の一つになってきます。

    私達の身体には、恒常性という同じ状態を保つ働きがあります。その働きに大きく関わっているのが自律神経です。

    例えば、外気温が変わっても、体温が一定なのはこの神経の働きによるもの。

    自律神経は私たちの身体がうまく動くようにいろいろな調節をしてくれているのです。

    ところが、室内と室外の気温差が大きいと、自律神経が気温の変化に対応しきれなくなり、体調不良の状態を引き起こしてしまうのです。
    自律神経の乱れは免疫力を下げたり、体だけでなくイライラ感など精神的な症状につながることも・・・
    komidoriは冷房で頭が痛くなったり、肩が凝ったりと体調がおかしくなりました~。
    冷えすぎると体調がくずれますよね~。

    冷房をする場合、室温と外気の温度差を5度以内が望ましいようです。

    また、女性は特に、冷房のある室内で下半身を冷やさないように気をつけましょう~。

    夏バテの原因4 熱帯夜による睡眠不足

    エアコンの廃棄熱や、アスファルトの熱さなど、夜になってもあまり気温が下がらない。

    真夏の熱帯夜、暑すぎて寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足になりがちです。

    眠いのに寝られないと、それ自体もストレスですが、日中の疲労を回復することができません。
    だんだん疲れがたまってくる状態が起こります。
    疲れがたまると、疲労感やイライラ感、だるさや思考停止で無気力な状態など精神的にも身体的にも夏バテの症状が出やすくなります。

    夜寝るときの暑さ対策も大事ですね!

     
    夜寝やすい環境を工夫することが大切です。

    まとめ:注意しておきたいこと

    夏バテによる色々な症状、夏の暑さと湿気、特に湿気が不快感や疲労感を増す原因になるようです。

    ただし、夏バテだと思っていたら、思いもしなかった別の病気が原因だったなんてことも・・・

    しんどさやだるさ、食欲不振など夏バテの症状は、他の病気にも共通してみられる症状です。

    心配な場合は早めに病院で診てもらいましょう。

    温暖化の影響もあるのか、年々最高気温が更新されますよね。

    夏バテしてから体調を戻すのはとても大変です。

    まずは、夏バテをしないように、気をつけていきたいですね。

    スポンサーリンク

     - 夏バテ

    この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

      関連記事

    夏冷えの解消を!原因にアプローチするだけじゃ弱い!!

    いよいよ夏本番! 職場やお店、電車の中などの冷房、大丈夫ですか? komidor …

    夏バテ予防のポイントは食事!5つの栄養で夏バテを防ぐ!

    暑さが増してくるにしたがって、体力の消耗が大きくなり、疲れやすくなってきますね。 …

    1日の水分量は?年齢別水分摂取量と飲むタイミングも知りたい!

    私たちの身体は、成人で60~65%が水、赤ちゃんは何と75%が水なんだとか・・・ …

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です