komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriがリサーチしてお届けします。人生はこれからだ~!!

お月見の由来は?3回のお月見は縁起が良いの?!

      2016/09/15

夏の暑さも一段落し、月の輝きが冴えわたる夜空。

秋の月の美しさは格別ですよね~。

お月見を楽しむ、すがすがしい季節です。

tuki

一番有名なのは旧暦8月15日の『中秋の名月』ですが、実は、秋のお月見って3回あるんだそうです。

その3回とも、晴天に恵まれ、月を見ることができるのは縁起が良いことなんだとか・・・

ん~、今年はそれに挑戦してみようかなぁ、などと考えながら、
今回は3回のお月見について、それぞれの由来や時期などについてリサーチしてみました(^^♪

スポンサーリンク

3回のお月見って?

お月見には、十五夜・十三夜・十日夜(とおかんや)の3つがあります。
それぞれに月の美しさを楽しむことができます。

■ 十五夜の月:旧暦8月15日

十五夜の月を楽しむのが、旧暦8月15日の『中秋の名月』です。

今の暦では、9月の半ば頃から10月初旬の頃行われるお月見です。

一番有名で、スタンダードなお月見ですよね。

暑さも一段落し、夜の涼しさを感じるころ、夜空も空気も爽やかな中、満月に近い大きく美しい月を楽しむお月見です。

元は、中国発祥の『中秋節』からきたもので、その日は、月を祭り家族で団らんを楽しむ習慣なんだそうです

旧暦の1日は新月からなので、丁度15日が十五夜となり、満月に近い月になるんですね。
(必ずしも満月でない訳はこちらの記事で中秋の名月は満月じゃないって・・・ホントですか?!

幼稚園や保育園のお月見会なども、このころが多いんじゃないでしょうか。
komidoriんちの子どもたちも、そのころお月見会があり、お団子を食べて、ウサギさんとススキの飾り物などを作ってきてました。

お団子やすすきの穂、秋の七草、果物や芋など、その頃に取れた農作物などをお月様にお供えしますね。

すすきは魔除けの役割をお団子は月を見立てたもので、十五夜ではそれにちなんで15個お供えします。

また、里芋などいも類を備えることから、この十五夜の月を『芋名月:いもめいげつ』とも呼ぶこともあります。

名月の晩には、これらのお供え物を子供たちが持ち去っても叱らない風習が各地にあったそうです。

子どもたちにとっても楽しい行事だったことでしょうね。

ちなみに、今年(2016年)の『中秋の名月』十五夜は、9月15日になりますね。

但し、満月は、2日遅れの9月17日です。

■ 十三夜の月:旧暦9月13日

十三夜(じゅうさんや)の月は、旧暦の9月13日、新暦では10月の中・下旬になります。

『中秋の名月』十五夜のお月見は、中国の「中秋節」から来たものでしたが、この十三夜は日本固有の風習です。
『中秋の名月』から後の月見ということで十三夜のことを『後の月』ともいいます。

『中秋の名月』十五夜から約一カ月後のお月見で、そのルーツは秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。

例えば、長野県の方では、十三夜を「小麦名月」ともいい、この日の天気が良く、月がを見ることができれば、次の年の小麦が豊作だとされ、来年の農作物の出来を占う風習でもあったようです。

その頃取れるお供え物として、栗や大豆などが使われることから、『栗名月』とか『豆名月』という呼びならわしもあります。
180px-Tsukimi,moon-viewing-party,japan

新暦では10月半ばから下旬にあたるこの時期、夜は少し肌寒さも感じる頃となり、秋の風情が月の美しさを際立てますね。

この十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてきたそうです。

十五夜の月見だけして十三夜のお月見をしないことを「片見月」あるいは「片月見」といい、縁起が良くないともいわれたようです。
この「片見月」が縁起が良くないとされた背景には、江戸時代の遊里で、客集めのために、片方の月見しかしない客は「片付見」で縁起が悪いとし、二度の通いを確実に行なうための営業戦略があったともいわれています。
今でいうと、客の囲い込みでしょうか~。
これはこれで、なかなか、上手い言い方ですよね・・・

この日は、栗や豆などこの時期の農作物や、すすき、秋の七草、十三夜にちなんで、13個のお団子をお供えします。

ちなみに、2016年の十三夜は、10月13日になっています。

スポンサーリンク

■ 十日夜(とおかんや):旧暦10月10日

十日夜は、東日本を中心に、旧暦10月10日に行われる収穫祭で、稲の刈り取りが終わって田の神様が山に帰る日とされており「刈上げ十日」などともいわれています。

稲の収穫に感謝し次の年の豊穣を祈って、田の神様に餅やぼた餅お供えし、稲刈り後の藁を束ねて「わらづと」や「わら鉄砲」を作り、地面を叩きながら唱えごとをします。
これは、地面の神様を励ますためと伝えられていますが、作物にいたずらをするモグラを追い払う意味もあるようです。

地方によっては「案山子あげ」といって、田を守ってくれた案山子にお供え物をしてお月見をさせてあげたりするところもあります。

また、西日本の方では、「亥の子」といい、11月の亥の日の夜、茹で小豆をまぶした亥の子餅を作って食べ、万病除去・子孫繁栄を祈って子どもたちが地区の家の前で地面を搗いて回るなど、今年の収穫を祝ったり、次の年の豊作や無病息災などを願ったりする行事として色々な形で各地方に定着しています。

新暦では11月初旬から半ば、秋もグッと深まり、農作業も一段落した頃、おとなも子どもも皆が集まり、楽しんだことでしょう。

この、十日夜は、お月見がメインではないのですが、この日こそお天気よく月夜になると嬉しいですよね。

4d454995e4d95d05f7df997fe2af4039_s

ちなみに2016年は11月9日が旧暦の10月10日にあたりますが、地方によっては新暦の11月10日と決まっているところもあるようです。

まとめ

よくよく調べてみると、十五夜と十三夜には、月を祭り楽しむというつながりがありましたが、十日夜は収穫祭という意味合いが強く、ちょっと前二つの月見とは違っているかもデスね。

でも、収穫が終わりそれを喜ぶ十日夜は、生活に密着しており、1年でも一番大切でお祭りだったことでしょう。

それぞれの日が良い天気に恵まれて、美しい月が見られたら、ホントにラッキーなことですよね。

9月、10月、11月とひと月ごとに月の変化を見、秋の深まりを感じ、季節の移ろいを楽しむ。

日本ならではの風習ではないでしょうか。

なんだか、日本人でよかったな~なんて思ってしまいました。

今年は、この3つの月を家族そろって楽しみたいと考えているkomidoriであります。

スポンサーリンク

 - 文化・風習・マナー

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

  関連記事

お中元の送り状!文例を相手別で作っておこう!

最近では、親戚や親しい関係の場合など、送り状を省くことも多くなっているようですね …

お中元のお返しって必要なの?

お中元って、お世話になったな~って、日ごろの感謝の気持ちを伝えるもの。 と思って …

お中元の相場は?相手によって変えるのが正解?

お世話にあなたあの方に夏の挨拶「お中元」~♪ どこかで聞いたようなフレーズですが …

お見舞い、面会のマナーに気をつけよう!

友人や知人、身内など関わりのある人が入院すると心配! 早くお見舞いに行こうって思 …

お中元っていつからいつまでに贈るの?地域別に大特集!

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈る『お中元』 え~っと、お歳暮が …

中秋の名月は満月じゃないって・・・ホントですか?!

え~っ!! 中秋の名月って満月じゃない??? それホント? (゚〇゚;)マ、マシ …

お見舞い金の相場 は?会社・親戚・・・立場で色々違います!

病気やケガでの入院・・・さて、お見舞いをどうしようか。 何か品物をと考えたけど、 …

お中元!お礼状の文例、ビジネスの場合は?

お中元を頂いたら、できるだけ早くお礼状を出す。 ビジネスシーンでは欠かせないマナ …

初節句 ひな祭りの祝い方は?新米ママもこれで安心!

3月3日は桃の節句・ひな祭り。生まれて初めての女の子にとっては初節句ですね! 初 …

母の日には義母へもプレゼントを!超個人的ランキング5

今年の母の日、お義母さんへのプレゼントどうします? 自分の母親に贈るときと違って …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です