komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriがリサーチしてお届けします。人生はこれからだ~!!

クコの実の効果は6つも!この食べ方でアンチエイジングはバッチリ!

      2017/05/17

クコの実ってご存知ですか?
中華料理のデザート、杏仁豆腐の上によくのっかってる赤い実です。

今、ゴジベリーって呼び方で注目されてますよね~。

img_0757

何でも、美肌・美白作用やダイエット効果などもあるとか・・・その昔、楊貴妃とか徳川家康も食べていたとかいうんですよね~。

気になる!!(・ε・)ウーム・・・

早速買ってきて食べてみたんですよ~。

・・・フムフム、うっすらと干し柿風な風味で、ちょっと苦みというか、えぐみがある感じ、干しブドウのようにそのまま食べるのは、ちょっと厳しいかなぁ・・・

でも、大丈夫!!

とっても、美味しい食べ方できました~!

作り方も超簡単で、アンチエイジング対策にも効果アリの食べ方なんです~。

ということで、
今回は『クコの実=ゴジベリー』についてその効果やおススメのアンチエイジング的食べ方についてまとめてみました!

まずは、クコって一体どんなもの?
まずは、その辺りをサラッと見ておきましょう。

スポンサーリンク

そもそもクコとはどんなもの?

クコはナス科の低木植物で、原産地は中国などの東アジア。
強い生命力を持つ植物で、中国では3000~4000年もの昔からクコの果実や葉、根皮が漢方薬や民間薬として親しまれてきました。
日本には、平安時代に伝えられたといわれています。

2794047

クコって昔から、その効果が認められていたんですね。
私、杏仁豆腐の上にのってるので食べたことはあったんですが、それほど気にも留めてなくて、
何となく中華料理に使われるものぐらいに思ってました~。

この『クコの実=ゴジベリー』の成分が今、抗酸化や免疫機能の保持などで、美容やアンチエイジングに欠かせない スーパーフードとして注目されてるってことなんですね~。

クコの実の成分って

クコの実に含まれている成分は・・・

  • ベタイン
  • ルチン
  • タンニン
  • ビタミンC
  • ゼアキサンチン
  • β-シトステロール
  • ビタミンB₁
  • ビタミンB₂ など・・・
これらの成分が、なかなかいい仕事するんですよ~

クコの実(ゴジベリー)の効果は

成分別に期待できる効果を見てみると・・・これがハンパない。

ダイエットや、アンチエイジング、ストレスや疲労解消など、大昔から使われてきたわけが分かります。

胃・肝機能の強化でダイエット!:ベタイン

クコの実に豊富に含まれているベタインは、胃液の酸度を調整し、胃の負担を減らす働きと共に、肝臓への脂肪の蓄積を防ぐ働きがあり、脂肪肝の予防や肝機能の向上に役立ちます。

肝臓への脂肪の蓄積を防ぐって、ダイエット効果大ですよね~。

脂肪の燃焼に効く:ビタミンB2

ベタインと同じく、ダイエット効果が期待できる成分がビタミンB₂!

ビタミンB2は、脂質や糖質を効率よくエネルギーに変えて脂肪の燃焼をサポートします。

ベタインとビタミンB2 この二つの成分がダイエットに効くんですね!
いやいやまだまだ、ダイエット効果を発揮する成分がありますよ。

血中コレステロールを減少:β-シトステロール

私達が食事から摂取したコレステロールは、胆汁酸と結合して腸で吸収されるのですが、クコの実に含まれるβ-シトステロールがコレステロールより先に胆汁酸と結合し、腸でのコレステロールの吸収を抑えて血中のコレステロールを減少させてくれます。

ベタインやビタミンB2、β-シトステロールでバッチリ、脂肪燃焼やコレステロールの吸収を抑えてくれる働きが期待できますね~!

美肌・美白効果は:ビタミンCとタンニン

ビタミンCは、シミの元メラニンをつくり出す、チロシナーゼという酵素の働きを抑制して、メラニン色素の沈着を防いでくれます。

また、タンニンは、メラニンを産生する細胞の増殖を抑制すると共に、組織や血管を縮める収れん作用があり、開いた毛穴や皮脂腺などを引き締めるのに効果的なんだそう。

抗酸化作用が老化や肌トラブルを防止

クコの実に豊富に含まれている、ルチンやタンニン、ビタミンC、ゼアキサンチン。
これらの成分は強い抗酸化作用を持っています。

生活の様々な場面で発生する活性酸素は、病気や老化、肌トラブルの原因。その活性酸素を除去し、体が酸化することを防いでくれる働きがあるんですね~。

眼病の予防に:ゼアキサンチン

クコの実に豊富に含まれているぜアキサンチンは、カロテノイドの一種で橙色から黄色を示す脂溶性の色素成分です。

このゼアキサンチンは、目の網膜に存在し、紫外線などが原因で目が酸化することを防いでくれます。網膜を保護し、加齢に伴う視力低下や白内障、緑内障などの予防に効果的なんですね。

他にも色々~嬉しい効果(^^♪

  • ビタミンCは、免疫力を高め、風邪などの感染症を予防したり、病気の回復を早める。
  • ビタミンB₁は、体内で糖質を効率よくエネルギーに変えるサポートをする働きで疲れを防いだり、疲労回復を早める。
  • タンニンの抗菌作用が腸内の悪玉菌を減少させ、悪玉菌によって起こる下痢の予防。
  • ルチンは、血管を強化し血流をスムーズにする働きで、冷え性や肩こり、腰痛の改善。 などなど
とにかく、私たちの体にとっても大事な働きをしてくれる成分が、クコの実にはたくさん含まれているんです!
美容と健康には欠かせない食べ物ですよ~。

ということで、komidoriおススメの食べ方は・・・

スポンサーリンク

アンチエイジング的!クコの実の食べ方~♪

さて、このクコの実、効果的に食べたいですよね。1日にどれくらいの量を食べればよいのか、摂取量も気になるところ。

ちょっと調べてみましたら、1日当たり5g(28粒)程度が適量とのこと。
(これは、NHKのあさイチでもやってましたね。)

色々な料理に取り入れるっていうのもアリですが、毎日摂るとなると合わせるメニューをいちいち考えるのはちょっとめんどくさい・・・。

そこで、komidoriは、アンチエイジング的おやつとか食後のデザート的に摂るように考えてます。

img_0752

これ、『クコの実とプルーンのヨーグルト漬け』

無糖のヨーグルトに『クコの実』と『プルーン』を漬け込んで、亜麻仁油またはマカダミアナッツオイルをプラスしたものです。

プルーンもカロチンやビタミンB1・B2・B6、ビタミンE、ビタミンAなどのビタミン類、カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄分などミネラル類、食物繊維、ポリフェノールがたっぷりなスーパーフード。

貧血の改善や美肌効果、便秘解消効果などうれしい効果がいっぱい!

ヨーグルトはカルシウムの補強。
亜麻仁油は、α-リノレン酸の効果で美容と健康にバッチリ効果。
マカダミアナッツオイルは、komidoriが最近注目しているオイルで、パルミトオレイン酸というは、脳血管に入れる数少ない脂肪酸が多く含まれていて、脳血管の栄養となって脳卒中や認知症を予防すると言われてるものです。

あっさり言うと、アンチエイジングてんこ盛りな一品。

お砂糖がなくても、クコの実とプルーンの自然な甘みで美味!!
クコの実の苦みも気になりません。

混ぜて置いとくだけなので、ホントに手間いらず~なんです。y(^ー^)y

☆彡『クコの実とプルーンのヨーグルト漬け』の作り方

材料
img_0748

  • 無糖のヨーグルト・・・カップ1杯程度
  • クコの実(ドライ)・・・5g(28粒ぐらい)
  • プルーン(ドライ)・・・1粒
  • 亜麻仁油またはマカダミアナッツオイル・・・小さじ1
komidoriんちの近所には『クコの実』と『マカダミアナッオイル』を置いてるお店がなかったので、全部まとめてネットショップで購入してます~。┗(^▽^*オテガルデス~♪

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

作り方

  1. 適当な小鉢にクコの実とプルーンを入れる。
  2. img_0749

  3. ヨーグルトを上からかける。
  4. 一晩ほど冷蔵庫で置く。
  5. 食べる前に好みでオイルを混ぜる。
  6. オイルはお好みで・・・入れなくてもOKです。

うちはヨーグルトも自家製。(詳しくは後ほど)
クコの実とプルーンがヨーグルトの水分を吸って、ソフトでみずみずしい食感と風味に~美味ですよ!!
komidoriは日によって、気分でオイルを入れたり入れなかったりしてます~。

もうね、美肌に骨粗鬆症や認知症予防にも・・・アンチエイジングケアばっちりですよ!

後日、もっとすごいヨーグルトができました! 5/17追記

牛乳からのヨーグルトよりもっとヘルシーで女性にウレシイ豆乳ヨーグルト!!
これがまたと~っても簡単にできちゃうことが分かりました(^^♪

こちら、ぜったいおススメです!!

さらに、お昼代わりとか、腹持ちさせたい場合は、ミュースリーをプラスするのもアリです。
muz

食物繊維プラスでダイエット効果も増すんですよね。

さて、良いことずくめのクコの実なんですけどちょっと気になることも・・・

クコの実って副作用とかあるの?

ほんとミラクルなパワーを持ってる『クコの実』ですが、スゴイだけに副作用とか、気を付けとかなくちゃいけないことはないんでしょうか?

ちょっとその辺りも知っておきたいですよね。

クコは中国で昔から生薬の定番として愛用されてきたもので、中国最古の薬物書「神農本草径(しんのうほんぞうきょう)」に上品(じょうほん)として記載されています。

上品というのは、「命を養う」薬とされ、長期服用してもほとんど害がないとされたもので、体の抵抗力や治癒力を高めるための薬になるとされているものなんだそうです。

なので、基本的には健康食品として食べる分には問題はないようですが、ワーファリンなどの抗凝血薬(こうぎょうけつやく:脳梗塞の予防などで処方される血液サラサラの薬)を使っている場合、ワーファリンの作用を強め、出血傾向が高まるという相互作用を起こす可能性があるらしいです。

ワーファリンを服用している場合は『クコの実』は食べない方がよい。また、妊娠中・授乳中についても危険性がないとは言えないので控えた方がいいようです。

何にせよ、体に良さそうだからといって、むやみに食べるのも良くないですよね。
とりあえずは、1日5g程度(28粒ぐらい)を目安にしましょう!

まとめ

クコの実=ゴジベリーの効果ってすごい!
私たちの体にとっても大事な働きをしてくれる成分がたくさん含まれてるんですよね~。

  • 脂肪やコレステロールに効くダイエット効果
  • 美肌・美白効果
  • 抗酸化作用で老化や肌トラブルを防止
  • 眼病の予防
  • 疲労回復
  • 冷え改善 などなど

まさにミラクル!!スーパーフードといわれるのも大納得!

楊貴妃は1日3粒づつ食べてたんですって、けっこう昔は高価だったのかもしれませんね。

ト、イウコトハ(・∇・;)ゞ・・・28粒摂ったら最強じゃない。私、今まで知らなかったけど、積極的に摂っていきたいっ!!

プルーンもねぇ、なかなかいい感じ。
(但し、ドライフルーツはカロリーが結構あるので食べすぎには気をつけて下さいね。)

それとヨーグルト!
うちはお粥を作る『おかゆメーカー』で自家製ヨーグルトを作ってるんです~。

img_0759
これが豆腐も作れてなかなかの優れものなんですよね。

ヨーグルトは、牛乳500mlに無糖ヨーグルト50ml入れてスイッチオン!約5時間でヨーグルトが出来上がります。

by カエレバ

ヨーグルトが量産できてかなり経済的!
(このところ、ヨーグルト漬け毎日食べてます。)

手軽に美味しく、アンチエイジングできそうです~

スポンサーリンク

 - アンチエイジング, 食べることは大事

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

  関連記事

コーヒーは体に良い?悪い?気になって仕方がないので調べてみた!

コーヒーが大~好きです。 あの香りと苦味・・・。 朝食後にまずは1杯、これで一日 …

50代女性の体は大きな節目!経験者が語るエイジングケアまとめ

女性って40代後半から50代、心も体も大きな節目になるんですよ~。 過ぎてから思 …

野菜くずスープ「べジブロス」で味噌汁を作ってみた!!その味は・・・

ベジブロス・・・ちょっと聞きなれない言葉を耳にしました。 何それ?ということで、 …

インナーマッスルの鍛え方、簡単にできるドローインが効く!

先日、骨密度が気になって検査にいった時、レントゲンもとったんですが、その写真を見 …

骨密度を増やす食事!!どんなものを食べるといいの?!

私達の体の骨って、骨吸収と骨形成を繰り返し、毎日どんどん作り替えられているんです …

アロマでリラックス&アンチエイジング!おススメの香りと使い方!

色んな事が、バタバタと続いていて、何となく疲れ気味な今日この頃・・・気持ちも少々 …

甘いものをやめる方法!!やってみて効果があった7つのこと

甘いもの食べるのをやめられない~っ!! 食べないとイライラしちゃって、ついつい食 …

えっ、朝食を食べないの?デメリットが大きすぎるかもよ!

今日も朝から、ガッツリ朝食を食べているkomidoriです。おはようございます! …

アンチエイジングには毛細血管を増やすこと!その4つの方法とは!

えっと、ワタクシ・・・ 生まれて此の方、半世紀以上生きまして、今やアラ還と言われ …

酢玉ねぎの作り方!簡単アレンジで食べ方が広がるよ!!

酢玉ねぎ・・・ お酢と玉ねぎの両方がタッグを組むことで、血流改善・動脈硬化の解消 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です