komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriがリサーチしてお届けします。人生はこれからだ~!!

冷え性改善の最強グッズは湯たんぽ!その効果的な使い方はこれ!!

      2016/08/20


こんにちは!バリバリの冷え症だったkomidoriです。
以前、冷え性の改善にくつ下の重ね履きをご紹介しましたが、もう一つ!


おうちでゆっくり冷え症改善~♪
これをやるとぐっすり眠れて免疫力アップも狙えるというナイスな方法をお伝えしますね。

そ・れ・は・・・・湯たんぽ

近頃はおしゃれでかわいい湯たんぽも増えてますね~
お湯の温かさって、じわ~っと沁みてくるのがいいんですよ。

但し、仕事場などではさすがにちょっと使いにくい・・・
おうちでくつろぐ夜とか、お休みの日ぜひやってみてほしい冷え改善法です!

スポンサーリンク

湯たんぽで温めるのは筋肉!

湯たんぽといえば、普通は夜寝るときに足元に入れて使いますが、今回ご紹介する方法は、湯たんぽを自分の体に当てて直接温める方法です。

体が温まると血液循環がよくなります。
その血液循環によって体の熱エネルギーが全身に運ばれていくんですね。
ですから、大きめの筋肉のある所と血液がたくさん集まる所をポイントに温めます。

その場所とは・・・

◆ 温めるポイントになる場所 

湯たんぽで温めるポイントは4か所

  • おなか
  • 太もも
  • 二の腕の下(裏側)

湯たんぽを動かしながら、
この4か所を温めていきます!

これらの部分が大きな筋肉のある所です。またおなかは血液がたくさん集まる場所、内臓もしっかり温めます。

◆ 湯たんぽの当て方 

座った姿勢で おなか太もも腰(後ろ:お尻の部分)二の腕の裏側(力こぶのできない方)にそれぞれ3分から10分程度、湯たんぽを当てていきます。

湯たんぽによってお湯の入れ方や量がちがいますから、お手持ちの湯たんぽの使い方を確かめてくださいね。
また、カバーは絶対にかけておきましょう。
一か所3分~10分ずつが目安ですが、熱い時は無理をせず少しずつ当てていきましょう。低温やけどにならないように調節してくださいね!

これをお風呂に入る前にやると、湯冷めしにくくなるんですよ。
冷えている時って、お風呂に入っても芯からぬくもらない感じがしたり、入浴後すぐに体が冷えてきたリすることがないですか?
そんな方はぜひこの方法を取り入れてみて下さい。

テレビでも見ながら、湯たんぽを当ててくつろいで、その後ゆっくり入浴~。
その間、湯たんぽをお布団の中に入れておけば、ふわっと温かいお布団で寝ることができます。

冷えでつらい慢性の症状がある方へ

◆ 続けて体温を測ってみましょう 

もしかしたら、低体温の状態になっているかもしれません。
人間の体の中心部の体温は自律神経によって、一定に保たれておりその温度は37~38℃だそうです。表面(わきの下など)との体温差が1~2℃あるということで、普通に体温を測った時に35.8℃~37.2℃の体温であればOK。

ところが、自律神経が乱れて血液の流れが悪くなると体温の調節がうまくできなくなり、低体温の状態が起きてくるそうです。
日ごろの体温が、35.8℃より低い場合は要注意!!

そうなると、全身の活力もダウン、免疫力もダウンで疲労感が抜けなかったり、病気になりやすい状態になってしまいます。
毎日一定の時刻で体温を測ってみると、自分の体のようすが見えてきます。

◆ 体温が低い状態が続いていたら 

先ほどの湯たんぽを当てる方法を一日に何回もやってみるといいですよ。
(湯たんぽのお湯が冷めてくるので入れ替えながら)
具合がよくなくて、お仕事をお休みしている時とか、ゆっくり一日過ごせるときなど試してみて下さい。

毎日続けて体温が上がってくると体も楽になってくると思いますよ。
(体温が1℃上がると体内に必要なものを取り入れ、不必要なものを体外に排出する作用の新陳代謝が20%もアップするそうです。)

◆ おまけ:自律神経の乱れを整えて、低体温から抜け出す方法 

  • 体を温めるのは、湯たんぽだけではありません。できれば毎日入浴してお湯につかりましょう
    半身浴もおすすめです。
  • 生活リズムが大事、早寝早起きの習慣が自律神経を整えます。
  • 体を動かす。筋肉運動が熱のもとになります。適度な運動も取り入れていきましょう。
  • 紫外線も気になりますが、日に当たることも自律神経を整えることにつながるそうです。散歩など適度に日光にも当たりましょう
  • 思いっきり笑う、思いっきり泣く、心がすっきりするようなこと、読書とかDVDとか浸れる世界もいいですよ。
  • 深呼吸!!簡単にできて効果大です。最初は吐ききることに集中してみて下さい。勝手に息が入ってきます。深い呼吸は免疫力アップにつながります。

まとめ

私、komidoriも冷えでは苦しんできました。
自分でもいろいろとやってみて、まずます良かったかなと思うことをご紹介しています。
くつ下の重ね履きもそうですし、この湯たんぽを使う方法も、それと私の場合はヨガがよかったです。
やはりある程度、筋力をつけることも大事でした。

でも、いろいろな生活パターンがあり、個人差のあることですから、一概に言えることではないと思います。
試してみてよければ取り入れてみて下さい。

寒い季節だけでなく夏もつらい思いをする『冷え』

一日も早く脱出できますように~☆

スポンサーリンク

 - 冷え性

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

  関連記事

足のむくみ解消?ふんどしパンツの効果を考えてみた!

ふんどしパンツの快適さにどっぷりはまったkomidoriです。 こんにちは~! …

体を温める15の食べ物!しっかり食べて、冷えを取ろう!!

冷え性にはつらい季節がやってきましたぁ~ 寒いのは、嫌だぁ~ぁぁ~・・・と叫びつ …

血行が良くなる簡単な方法!これでバッチリ血流アップ!!

あぁ~、だんだん寒くなってきましたね~。 冷え性の身には、つら~い季節がやってき …

自律神経を整えて冷えを改善!爪もみと足指ストレッチがおすすめ!!

こんにちは!バリバリの冷え症だった、komidoriです。 体温が1℃下がると免 …

ヨガで冷え症が解消した!心も体もQuality upした驚きの効果とは!!

こんにちは!バリバリの冷え症だったkomidoriです。 冷えってほんとうにつら …

冷え症に効果あり!くつ下の重ね履きはこうする!

こんにちは!バリバリの冷え性でした、komidoriです。 思えば物心ついたころ …

夏冷えの解消を!原因にアプローチするだけじゃ弱い!!

いよいよ夏本番! 職場やお店、電車の中などの冷房、大丈夫ですか? komidor …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です