komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriが実体験でお伝えします。人生はこれからだ~!!

不眠症チェックは無料でできる!倒れる前に手を打とう!!

      2017/01/25

朝目覚めたとき、何となく疲労感がとれてないなぁとか、なぁ~んか、仕事中に眠くなる~なんてことないですか?

そう、そんなことが続いているって・・・

それってもしかすると不眠症かも!! ですよ。

実は、不眠症で睡眠が十分とれていないと、日中のパフォーマンスは3割以上ダウンしているんだとか・・・

でもね、不眠症の疑いがあっても自覚がないってこと、けっこう多いらしいんです。ちょっと上手く眠れてないかなと思ったら、不眠症を疑ってみることも大事かも。

今回は、こんな症状は不眠症?と思ったら、早めにはっきりさせようということで『不眠症チェック』です。
無料ですぐできちゃいますからね~、ぜひ活用してくださいね!(∞’v`d)ィィョーン

不眠症チェックをしてみよう

不眠の状態をチェックするには、『アテネ不眠尺度(AIS)』を使います。
この尺度は、WHO(世界保健機関)が中心となって「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」によって作成されたもので、世界共通の不眠症判定法となっています。
『アテネ不眠尺度(AIS)』
それは、病院で受けるんですか?
なんか難しそうな気もしますけど・・・。
大丈夫、判定方法はとても簡単!
8項目の質問に、当てはまる答えを選んで合計点で判断します。
今すぐ1分ほどで、自分で不眠度の判定ができますよ。

ということで、

アテネ不眠尺度で不眠症の自己評価をしてみよう!

やり方

各質問に対して、過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験したことをチェックしていきます。

判 定

各項目にチェックしたところの点数を足して合計点を出します。

  • 0~3点=不眠症の心配はありません。
  • 4~5点=不眠症の疑いが少しあります。
  • 6点以上=不眠症の疑いがあります。医師に相談することをお勧めします。

・質問項目


komidoriもやってみたんですよ。

今現在は、「夜間途中で目が覚める」ことと、「起床時刻より少し早めに目が覚める」ことが少し困るぐらいなんで、合計点は2点。
まずまず、不眠症の心配はない。

ところが、以前、更年期がらみでストレスMAXの時を振り返ってみると・・・

何と、18点!!
そのころは体も心もボロボロにまいってしまって最終的には心療内科へ行きましたもん。

その当時処方されたのがこんな薬・・・。

寝つきを良くして、気持ちを落ち着ける薬が出てました。

komidoriの場合、その当時こんな『アテネ不眠尺度』なんて知らなかったので、睡眠不足だなぁとか寝つきが悪いな~、でも、頑張らなきゃ!なんて無理しているうちにドツボにはまりました。

この尺度知ってたら、MAXひどくなる前にもっと何とかしていたかもしれないですね・・・

どうにもならなくて、一時薬を使いましたが、何となく副作用とかも気になって・・・結局は、薬に頼らす、睡眠のリズムを取り戻すことをいろいろやって今に至ります。

その辺りのことは、こちらの関連記事で

高齢になってくると、どうしても睡眠が短く浅くなりがちですが、疲労感や昼間の眠気、眠り足りない感じなどが続くときは要注意です!

『アテネ不眠尺度』の項目気をつけてみて下さいね。

まとめ

寝つきがよくない、夜中に途中で目が覚めるとか、起きたくないのに早朝から目覚めたりとか・・・

誰でもたまにはありますよね。

でもこんな状態が週に3日以上続くときや、睡眠の問題だけでなく、疲労感や気分の落ち込みなど体や心にも不調が出てくる時は要注意です。

やらなくちゃいけないことは際限なくあって、やってもやっても追いつかないことや、やらざるを得ないこともありますが、取り返しがつかなくなるまでに、思い切って休息をとるとか、仕事の仕方を考えるとかストレスなどがゆるむような生活を心がけてみて下さい。

もし、あなたが倒れてしまったら・・・家族や周りの人にも迷惑をかけてしまうなんてことにもなりかねません。

昨年のことkomidoriは、母の介護で無理して倒れて入院までしちゃって反省しきり・・・こじらせる前に、割り切って手を打つことが大事だと身をもって知りました。

倒れてからでは遅い!!
やっぱりね、自分の体調を管理することは結局のところ、周りの人のためにもなるんです。

なかなか折り合いが付けにくいところもありますけれど、不眠症チェックで不眠症の疑いとか出ている時は、休むときなんだって割り切ることも必要ですよ。

今はガッツリ割り切って、自分の体調を優先!!
現状できること以上のことはしないようにしてます。

ホントに、倒れてしまったら元も子もないですからね~。

  関連記事(一部広告)

  

 - 早寝早起き・睡眠

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です