komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriが実体験でお伝えします。人生はこれからだ~!!

ぬか漬けの容器ってどんなのがいい?初心者におすすめはこれ!!

      2017/11/24

近頃、発酵食品作りにハマったkomisdoriです。こんにちは~。

そう、にわかになんで・・・思いっきり初心者です!
(・∀・)キリッ

米麹の甘酒作り豆乳ヨーグルト作りと進んでまいりましたが、やっぱり、発酵食品といえば、ぬか漬け・・・外せませんよねぇ。

ということで、ぬか漬けにも進出いたしましたが、まず最初に悩んだのが ぬか漬けの容器

どんな容器でやればいいのかなってことです。

以前、ジップロックタイプや手持ちのタッパーでやっていて、結局うまく続けられず挫折した私。
今回はちゃんとした容器を構えようということでリサーチしてみました~。

続かなかった原因から考えてみる

過去にも何回か挑戦したことはあるんですが、どうしても長続きしなかったのはナゼ?

komidoriの場合はこの3つが原因!

  1. 混ぜにくい!
  2. ジッパーの溝やタッパーのふたの溝にぬかが入ってきれいに拭き取れない!
  3. 水気が増えてきたときにうまく処理できない!
特に2番目のぬか床を混ぜた後、ジッパーの溝にぬかが入り込んできれいにできないのにイライラしてましたね。

毎日の忙しさもあったけど、この始末が結構面倒・・・

ジップロックタイプからタッパー容器に変えて、混ぜやすくはなったけど、やっぱり、同じような感じでふたの溝にぬかが入っちゃう。

些細なことではあるけど、これを毎日やってると何だか面倒になっちゃって、さらに、水気がうまく処理できなくなって味も落ちてくると、おさらば状態になるという悪循環でした。

でも、発酵食に目覚めたからにはどうしてもクリアしたい!!

ということで、『発酵家庭料理研究家まごきょんさん』のお知恵を借りることに~(^^♪

発酵料理研究家まごきょんさんのおすすめは?

まごきょんさん、ぬか漬け初心者におススメの容器ってどんなのですか?

まごきょんさん
komidoriさん、初心者はまず、プラスチック容器で始めましょう!

要はぬか床の手入れに慣れるまでは、プラスチック製で十分とのお言葉。これは、まごきょんさんの師匠お祖母さまの言なんだそう。

確かに・・・ホーローや、陶器とか色々オシャレなものもあるけど、続かないことには無駄になるしなぁ。
まごきょんさん
さらに、プラスチック製は、手軽に手に入る・安い・軽いという利点もあるんですよ。
なるほど、まずは手軽に始めて見ましょと、そして、ちゃんとぬか床の手入れができるようになったら容器にこだわればいいですよってことですね。

手入れに慣れてくれば、ぬか床の特徴なんかも良く分かってくるし、自分がどんな使い方をしたいかもはっきりしてきますよね。ぬか床と仲良くなってから自分が使いたい容器を選ぶとバッチリなわけです。

もう大納得!!

そんなまごきょんさんが紹介してくださったのがこちら!

komidoriは、AMAZONで買いました!
なんと591円!!安い!

さらに良いことがあった!

そ、そうなんです!!

さすが、まごきょんさんが進めて下さったぬか漬け容器です!ふたが違う!! ・・・そしてそれだけじゃなかった~!

ふたに、あの面倒な溝がナイ!

さらに、ふたをはめる部分のふちが心持ち高め、そして、本体容器にも、ふたにも取っ手がついていてこれが結構持ちやすくてお役立ちなんです。

まさに、ぬか漬けのために特化された容器!

このぬか漬け容器の大きさは、本体/230×150×100mmと冷蔵庫へ入れてもかさばらない大きさ。

うち今、夫ちゃんと息子の3人家族なんですけど、その日に食べる分と次の日に食べる分をずらして付けるのに十分な大きさなんですね~♪

深さもピッタリでした。

そして、軽い!!

この『軽い』ということもかなり重要です。

うちの場合、冷蔵庫で保存するので、毎日出し入れをしなくちゃいけません。その時私が片手で持てる重さなんです。

これはね、ありがたいですよ。いちいち重いものを出し入れすること考えたら絶対ラク!それに、重さをあまり気にせずに上の段にもおけますし。

なにこれ、591円でこれだけワタクシのニーズに合っているとは・・・うれしすぎる!

ということで、
只今komidori家では絶賛活躍中なのであります。混ぜたりするにも手ごろな大きさで、もう言うことナシ。

2,3人の家族なら食べる頻度にもよるけれど、十分な大きさではないかなぁ。

なかなかのの優れものですよ.

製造しているのは信頼できる会社でした

このぬか漬け容器を製造販売しているのは、スケーター株式会社さんプラスティック家庭日用品やファンシー雑貨の企画および販売をされている会社です。

あのサンリオやディズニー、ポケモン、ジブリ、タカラトミーなどのキャラクター弁当箱や、電子レンジを使用したアイデアキッチングッズなどの企画・製造・販売を手がけている会社なんですね。

製品の信頼性もバッチリです。

まとめ

野田琺瑯とか無印のホーロー容器とか色々とオシャレなものもあるし、陶器のぬか漬け容器にもちょっとあこがれてます。でもまずは、ぬか床と仲良くなろうって思ってます。

そのためには、やっぱり使いやすくて安価なものがいい。

とにかく毎日の出し入れやお手入れが楽~(^^♪ これならくじけずに続けられそうです。

  • 手軽に手に入って
  • 安価で
  • 軽い!
  • 混ぜやすい さらに
  • 持ちやすい
  • 適度な深さで漬けやすい

これいいわぁ~。
初心者の方、2,3人家族ならおすすめしたいkomidoriです!

ぬか床の手入れのハードルがぐっと下がりますよ。

ちょっと『ぬか漬け』のロゴが気になる場合は、反対側にして冷蔵庫に入れればロゴも見えず、シックな落ち着いた雰囲気に・・・なると思ってます。^^;

もう一つのハードル、ぬか床の水抜きは、こちらの別記事で解決デス!!

  
関連記事(一部広告を含む)

 - 60の手習い, コレいいゎ~!komodoriのおススメグッズ, 発酵Life

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

Comment

  1. 私は、暖かくなったら、ぬか漬け作りを初めてやってみたいと思っています。
    ジップロックタイプが続けられなかったとのことですが、私は、「発酵ぬかどこ」というジップロックタイプで始めたいと思っています。
    何が原因でジップロックタイプがダメなのか、あらかじめ知っていると、気をつけることができるので、教えてください。

    • komidori より:

      シルバーストーンさん

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      ぬか漬けスタートされるんですね~。
      ヾ(・∀・)ノィィデスネ~!!!!

      私の場合、ぬか漬けを続けられなかったのは記事にも書いたように

      1、混ぜにくい!
      2、ジッパーの溝やタッパーのふたの溝にぬかが入ってきれいに拭き取れない!
      3、水気が増えてきたときにうまく処理できない!

      という、この3つがネックになっていました。

      特に2番目、混ぜたり取り出したりするたびにジッパー部分にぬかが溜まってしまうのが、嫌で・・・
      でも、これは個人的な感覚なので、特にぬか漬けそのものに影響があるわけではないです。
      ジッパータイプだと手軽なんですが、ぬかの手入れしたり、毎日混ぜるのには口が広い容器だと圧倒的に楽です。

      漬ける物の量にもよると思いますが・・・。
      (ちなみに、私の友達は、ジッパータイプで漬けてるので、やっぱり人それぞれかと・・・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です