komidoriの今が旬!!

暮らしの中での「はてな?」や「これスゴ~イ!」をアラカン主婦komidoriが実体験でお伝えします。人生はこれからだ~!!

鍋の外側の焦げ!落とし方は?ハイホームでバッチリ!

   

あ~、ずいぶん長い間見ぬふりをしてきた 『鍋の外側の焦げ付き』
一念発起で何とかしようと思い立ったkomidoriです。こんにちは~。

そう・・・・鍋&やかんの外側の焦げ付き、ほってあったんです。
だって、ほら、やかんとか鍋とか外側がすぐに黒くなるじゃないですか、そんでもって少々こすっても落ちないしねぇ。

忙しい毎日の中で、中がきれいならいいやって外側は、ほったらかし状態を軽く15年ほど・・・
(・・*)ゞ ポリポリ

でもですね、こんなズボラなワタクシでもやる気になった!!さらにハマった!!!
鍋の焦げ落とし磨き~♪

だって、ほらっ!

うぉお!!(゚ロ゚屮)屮!!!

あっという間に焦げが落ちる~っという、便利な洗剤教えてもらいましてね、あまりの変化に面白くなって、このところせっせと鍋磨きをしておりました!

ということで、
今回は、超ズボラなkomidoriがハマった鍋磨き、焦げ落としについてまとめてみました~(^^♪

焦げ落としに『ハイホーム』

その焦げ落としであっという間に焦げが落ちるというのが『ハイホーム』という洗剤。

半練りタイプの石鹸クレンザーです。

これ、日本珪華化学工業株式会社という会社が作っているもの。
で、ウレシイのが、こちらの会社、環境問題を真剣に考えた製品づくりをされているようなんです~。

会社案内にもしっかりその理念が書かれていました~。

環境問題を真剣に考えている商品:ハイホーム
大自然からの贈り物
ハイホームは珪華石(珪酸の華)に、ヤシ油使用の高品質石鹸を配合した石鹸クレンザーです。
原料の珪華石は、霧島火山活動後期より、地中に圧縮された温泉水が地表に噴出し沈殿され、長い年月をかけて繰り返した後に地層になったものです。
水分を若干含んだ鉱石なので可溶成分多く、石鹸と混ぜ合わせると反応し、大部分は洗浄作用のある珪酸ソーダになり未反応分が研磨剤となります。
珪華石は軟らかく研磨剤としては粒子が細かいので、磨くものにキズがつきにくく、汚れだけをきれいに取り去ります。
自然の恵みを生かした「ハイホーム」は、まさに洗浄と研磨の効果をバランスよく含んだ理想的なクレンザーといえます。
合成界面活性剤を使用したクレンザーと比べると手肌にもやさしく、天然素材ならではの違いを実感して頂けます。

日本珪華化学工業株式会社HPより

ということで、確かに香料も入ってないし、色も地味。
でも、使っていて、手荒れがそれほど気になりません。人にも環境にもいいってことですね~。

汚れや焦げがしっかり落ちるの嬉しいけど、手荒れがひどくなったり、環境にも悪影響というのは、できるなら避けたいですもんね。

ハイホームで焦げ落とし!実際にやってみた~!

では、実際のところどんな感じで焦げが落ちていくかというと・・・こんな感じ。

これ少し短く編集したんで、実際のところは5分ほどの作業です。

まあ、『スチールたわし』とこの『ハイホーム』でこんな感じで、長期間ほったらかした焦げがあっさり落ちるということです。

komidori 大感動!!
ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

さすがにね、10年以上もほったらかした焦げなんで、耐久性3倍という強力タイプのスチールたわしを準備しまして~♪

ハイホームを塗りつけてから、ひたすらこする!

これがもうね、あっという間にきれいになっていくもんだから、面白くて面白くて、とにかくやかんと鍋を磨く磨く!

こんな焦げ付きが!


きゃあ~!落ちてく~!!

笑いが止まらん。

という変なハマり方をしまして・・・家の鍋全部磨きました。

達成感ハンパないです!

o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

そしてさらに!
焦げ落としだけでない、手放せない万能さも明らかになりました~。

ハイホームの凄さはこれだけじゃなかった!

まあとにかく、鍋、やかんの外側の焼け焦げは見事に落ちまして、心もすっきりしたんですけども、『ハイホーム」の凄さはこれだけじゃないってことが分かりました。

それがこちらの紹介動画~。

普通、クレンザーっていうと、木製品とかプラスチック製品とか、傷つくから使えないじゃないですか、ところが『ハイホーム』ってホントいろいろなものに使えるスグレモノ、衣類やカーペット、運動靴などの汚れ落としにまで使えるって・・・恐るべし、この万能さ!

紹介動画もビックリしたけど日本珪華さんのHPでダウウンロードできる使用方法見たらこれがまたすごかったです。

◇ハイホームの使用方法
(PDFファイルが開きます~。)

まとめ

このスグレモノ『ハイホーム』、昭和38年から作られてたって~・・・ワタクシ今まで知らなくてだいぶ損した気分。

今回焦げ落としには、ガシガシとスチールたわしを使いましたが、スポンジで優しくこするだけで普段の汚れは解消できそうです。

お風呂場の湯垢とか、台所や洗面の水垢とかホントしょっちゅう磨いてないとあっという間にこびりついちゃいますし、それがまた中々キレイになんない。
それが、この『ハイホーム」を使うと軽くこすっていくだけで、「や~ん、ピカピカになった~」っていうお手軽さ!

天然素材の珪華石(珪酸の華)に、ヤシ油の成分を上手く利用した自然派万能クレンザー『ハイホーム』。
komidori家では、これから間違いなくヘビーユーズです~。

もしまだ使っていなかったら、ぜひ、おススメしたい!
  
関連記事(一部広告を含む)

 - お役立ち how-to, コレいいゎ~!komodoriのおススメグッズ

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします~(*'v`d)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です